<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ちょっとテストがてら | main | ハロウィン大会 〜準備期間機 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

柿生学園紹介

【柿生学園】
ごく普通の学園。
小中高のエスカレーター式の学園で、そこら辺では(部活等で)名門のエリート校として名を馳せています。
制服は、各等部によって男女異なります。
歴史はまぁまぁ古く、十数年前に理事が代わって以来、有名になった(と言われている)のだ。
その為、周りには敵が多く、(柿生を潰そうとする)近隣校の生徒から暴力沙汰に巻き込まれたこともあったらしい。
それを防ぐために、数年前に生徒会と理事長と校長が立ち上がり、とある部を作った。
その部の名は「社会部」。
普段はエリートとはちょっとかけ離れたような生徒(厄介者)達ばかりを集めていて、
学園内では「地獄の部活」として恐れられている部でもある。

仕事の内容は、主に生徒会から回される雑用、修学旅行などのしおりの作成等。
たまに学園内の見回りをすることをしばしば。

現在、3年生は3人、2年生は4人、1年生は5人存在している。

追記に、主な登場人物紹介。

【主な登場人物】
〜社会部員〜
3年生
・西園始:社会部の部長。
・紅葉寺冬:服飾デザイナーの職を持つ。頭はまぁまぁ良く、偏差値は75。
・猪木孝文:弓道部部長の社会部部員。生徒会に双子の弟がいる。

2年生
・久保田茉莉:社会部の次期部長。仕事屋として夜のお仕事もこなす。テレパスの持ち主。
・黄山朱氷:可憐ぶっている天然娘。だが一度キレると掃除用具を振り回す。
・相良凍矢:暴力団「倉十条組」総長の孫。たまに喧嘩腰。だが構えは空手。
・羽鳥佑二:西園との腐れ縁に苦労する社会部副部長。頭は良く、偏差値は87 。

1年生
・紅葉寺春:久保田茉莉の相方にして、紅葉寺冬の妹、また西園の異母妹でもある。
・宝生桜子:宝生財閥会長、宝生神楽の末娘。検視(死)官のお手伝いさん。
・間宮愁一:今までやってきた道場破りを撲滅してきた間宮道場師範代の娘。
・峰埼麻緒:いつもちょっと(かなり?) 制服を乱している子。
・相浦佐野助:機械(電気器具)関係を弄るのが大好きな、機会オタク。


〜柿生学園生+先生(高等部)〜
・河村誠:現生徒会長。オレ様主義な3年生。
・花村雛子:生徒会役員書記。社会部にとっての疫病神。名前をよく「ひなこ」と間違われる。
・煎園美和:外見は今時(?)。だが、中身は冷静沈着で、高等部を牛耳っている1人。
・猪木憲武:社会部の猪木孝文の双子の弟。外見は兄と似ているが、性格は正反対。
・上下亨:生徒会役員会計係。社会部に向かってよく吠える。
・木更津更紗:柿生学園理事長。高等部に席を置いている。厄介事を作るくせに厄介事には首を突っ込まない主義。
・霜雫海:殺し屋「柘榴酒」のメンバーの1人。

〜柿生学園生(小等部+中等部)〜
・黄山飛火:黄山朱氷の妹。たまに(嫌がる)友人たちを引き連れて高等部に遊びに来る。
・息吹若葉:飛火に連れ回される中等部一年生。飛火のクラスメイト。
・麻野銀杏&芙蓉:双子の姉妹。紅葉寺家の居候。そして、飛火に引っ張りまわされる。
・深山綾:小等部3年生。間宮道場生。


〜その他〜
・D-ドミノ:柿生学園を憎む仮面集団。去年のクリスマス・イヴが命日だった。

(因みに私の中で時期は関係ないので、ずっと(ある程度まで)このメンバーの学年はこのままです)


ユズキ * 柿生学園騒動記 * 09:30 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 09:30 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ